2005年04月02日

家庭用コージェネレーション

最近、大手の都市ガス・石油会社が家庭用のコージェネレーション装置を
商品化し始めている。

まだまだ、一台の製造費が数百万円で製品の寿命も3年ほどと
課題は多いようですが、今後の主力製品と位置付けているような
ので、研究が進むと思われる。
自然界にあるエネルギー資源としては、石油は約40年、天然ガスが約60年の
残存数と推測されており、近々に枯渇することが予想されている。
仮にこれを読んでいる人が20代だとすれば、60代には石油、80代には
天然ガスもなくなってしまう計算になります。
省エネやリサイクルも必要ですが、新しいエネルギーの研究・開発を
促進して欲しいと願っています。
それも、原子力等の自然(人類を含む)に悪影響を及ぼさないクリーンな
エネルギーを期待したいです。

※コージェネレーション(熱電併給)
posted by ぐぅたら at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。